白斑

白斑とは

白斑とは皮膚の一部、もしくは全身のメラニン色素がなくなり皮膚が白くなる疾患です。 尋常性白斑、老人性白斑、脱色素性母斑などの種類があります。

白斑の症状

白斑の症状は皮膚に白い斑点が現れます。はっきりと白く見え目立つので、容姿が気になったり、周りからの目が気になり精神的な苦痛を生じることが多いです。約6割を占める尋常性白斑は他の病気と合併することが多くその病気に悩まされることも多いです。 他の病気・・・シェーグレン症候群・C型肝炎・糖尿病・悪性貧血・アジソン病・重症筋無力症など

白斑の原因

原因は多岐に渡りますが、メラニン色素がつくられなくなることによって発症します。 そのためメラニン色素を作るメラノサイトの何らかの異常が原因と言われています。その異常は生まれつきのもの、生まれた後に生じるものに分かれます。

<生まれつきの原因> メラニン色素を合成するための遺伝子、メラノサイトを活性化させる遺伝子に、生まれつき異常があることが原因と言われています。また基底層にあるメラノサイトからメラニン色素が皮膚の表面に移動する経路に異常がある場合もあります。

<生まれた後に原因がある場合> 体に何らかの異常、ストレスによってメラニン色素産生に異常を起こしたり、 自己免疫疾患、薬剤や感染症によってメラノサイトの機能が正常に働かなくなることが 原因となる場合もあります。

白斑の検査

白斑の多くは見た目で判断ができるので特別な検査をすることは少ないです。ただし先述したように、他の病気に罹っている可能性もあるので他の病気を疑い問診を行ったり、血液検査や画像検査など詳しい検査を行う場合もあります。

白斑の治療

白斑の原因によって治療方法は大きく変わりますが、一般的には以下のような治療を行います。

<外用薬(塗り薬)> 尋常性白斑にはステロイド外用薬や免疫抑制剤、活性型ビタミンD3などの外用薬を使用します。メラノサイトの機能を落としてしまう自己免疫異常の抑制に効果があると考えられています。

<光線療法(紫外線療法)> 白斑の患部に特別な機械(ナローバンドやエキシマライトなど)で紫外線を照射する治療方法です。紫外線によってメラノサイトを活性化させることが期待できます。
週に1~3回程度照射していきますが、効果が表れるまで数か月~数年かかる可能性もあります。

尋常性白斑の色素再生治療
(紫外線療法・光線療法)の
詳しい説明はコチラから

<植皮手術> サイズが小さい白斑には、自身の別の部位の正常な皮膚を移植する方法もあります。 見た目が気になる部分に行うことがありますが、身体への負担もあるため実施には慎重な判断が必要です。

<白斑の生活上の注意> 白斑部位を強く擦り過ぎると広がる可能性があります。入浴時などで身体を洗う際は、 強くゴシゴシと洗わず優しく洗うようにしてください。