クリニックについて
浜松市南区のいがらし皮ふ科

手湿疹 浜松市南区の皮膚科 いがらし皮ふ科

手湿疹とは

手湿疹とは手のひらや手の甲に様々な皮膚症状が現れる疾患です。お湯や洗剤などの外部的な刺激や、アレルギー症状によって発症します。水仕事が多い主婦の方が発症することが多いので「主婦湿疹」と言われることもあります。

手湿疹の症状

手湿疹の症状は赤み・発疹・ひび割れなどが現れ、強いかゆみや痛みなどを伴います。

手湿疹の原因

<原因との接触を避ける>
手湿疹の治療の原則は原因となっている物に触れない、もしくは水仕事など原因となる行為を避けることが大切です。

<保湿>
患部が乾燥するとバリア機能が低下し悪化するので、患部の乾燥を防ぐために保湿剤を使用します。

<塗り薬>
手湿疹によるかゆみや痛み(炎症)が酷い場合はステロイド外用薬を使用します。

<飲み薬>
手湿疹によるかゆみが酷い場合は飲み薬を併用することもあります。

手湿疹の生活上での注意

原因物質と直接皮膚が触れないようにしていただくことが大切です。
一例ですが水仕事の場合はゴム手袋を使用し、ゴム手袋の下に綿手袋を着用していただくことも有効です。また保湿はとても大切なので手を洗った後など、保湿剤を塗ることを徹底してください。