手湿疹
浜松市南区の皮膚科 いがらし皮ふ科

接触性皮膚炎(かぶれ)

接触性皮膚炎(かぶれ)とは

接触性皮膚炎とは刺激のある物質や特定の物質が皮膚に接触することで、皮膚にかゆみや湿疹、炎症が起こる症状のことを言います。
いわゆる「かぶれ」と言われる物です。

接触性皮膚炎(かぶれ)の症状

接触性皮膚炎、かぶれは原因物質が触れた範囲にかゆみや、赤み、丘疹、水ぶくれ、じゅくじゅくした水ぶくれなどが症状として現れます。

接触性皮膚炎(かぶれ)の原因

以下は接触性皮膚炎の代表的な原因です。

・刺激性接触性皮膚炎
皮膚に刺激がある物質の許容濃度を超えている物に触れると発症します。例えば洗剤やせっけんなどに含まれる界面活性剤などに過剰に触れると発症する場合などです。誰にでも起こる可能性があります。

・アレルギー性接触性皮膚炎
特定の物質にアレルギー反応を起こす方に発症します。許容濃度量に関係なく
アレルギー反応を起こす物質であれば少量でも反応し症状が現れます。
ゴム、金属、洗剤、花粉、ハウスダスト、植物、虫、動物などが代表的な物質です。

・光接触性皮膚炎
物質に触れることで発症しませんが、光や紫外線が皮膚に当たることで発症します。
「光毒性」と「光アレルギー」があります。ケトプロフェンテープによる光接触皮膚炎で受診される方が多くいらっしゃいます。

接触性皮膚炎(かぶれ)の検査

接触性皮膚炎の診断は問診や視診、触診によって診断することが多いです。

接触性皮膚炎(かぶれ)の治療

接触性皮膚炎を引き起こす物質を特定し、その物質に触れないようにすることが最も大切です。かゆみや炎症が起こっている場合はステロイド外用薬を塗ったり、かゆみが強い場合は抗ヒスタミン薬の飲み薬を服用したりします。

接触性皮膚炎(かぶれ)の生活上の注意

ご自身で過去に接触性皮膚炎を起こした経験がある物質には触れないようにすることが大切です。(金属にアレルギー反応を起こす方は、金属のアクセサリーを避け木製の物を使用するなど)万が一触れてしまった場合はすぐに水で洗い流すなどの対応も大切です。どうしても触れなければならない時は防御を強化することも大切です。(食器用洗剤でかぶれる場合は、食器洗い時に必ずゴム手袋を使用することなど)