クリニックについて
浜松市南区のいがらし皮ふ科

じんましん(蕁麻疹)

じんましんとは

じんましんとは突然虫に刺されたかのように皮膚が赤みがかり、かゆみや熱さを感じる皮膚の病気です。長引くことはそこまでなく、24時間以内に治まることが大半です。約4~5人にひとりは当症状を持っており、またたとえ発症しても人から人へは感染するおそれはありません。そして、じんましんにはアレルギー性や温熱・寒冷性、機械性などの数多くの種類があります。

じんましんの症状

じんましんの症状としては、虫に刺された後のように皮膚が赤く膨れ上がり(膨疹)、それに伴い強烈なかゆみと皮膚が焼けるような熱さを引き起こします。じんましんを発症する箇所は決まってなく、身体全身どこでも発症するおそれがあります。また、発症するタイミングについても人それぞれです。多いタイミングとしては食事をした後や、夕方~夜にかけてあげられます。なぜ夕方~夜に発症するケースが多いのかというと、お風呂に入り就寝するという一連の行為の中で短時間に皮膚が温冷を感じることによるストレスで発症するためです。

じんましんの原因

じんましんの原因は、体内で生成されるじんましんを引き起こす物質である「ヒスタミン」が多量に放出されることです。このヒスタミンが多量に放出される理由には、特定がしやすいアレルギー性の原因と直接的な原因がはっきりしない非アレルギー性のものがあります。

アレルギー性の原因

食べ物 卵、乳製品、肉類、魚介類(青魚、エビなど)、穀物(小麦、蕎麦など)
植物 イラクサ、サクラソウ、ハゼノキ
ダニ、ノミ、シラミ、ハチ
薬剤 抗生物質

非アレルギー性の原因

物理的刺激要因 衣服の摩擦による刺激、腕時計やベルトの圧迫による刺激、寒暖差による肌への刺激、直射日光による刺激
身体的要因 ストレス、風邪等
運動的要因 汗をかくことによる肌への刺激
薬剤 抗生物質

にきびの検査

にきびは特別な検査を行うことはほとんどなく、視診によって診断します。

にきびの治療

代表的なにきびの治療方法は、炎症が起こっている部位に抗菌薬を塗ります。 症状が酷い場合は飲み薬の抗菌薬を服用します。 にきびが度重なって発症する場合は、毛穴の詰まりを取り除くための外用薬を使用します。

ディフェリンゲル・エピデュオゲル(アダパレン製剤)
初期段階のニキビを治療し悪化を防ぐ製剤です。
表皮における角化細胞の分化抑制作用や毛穴の詰まりを解消する効果があります。
ベピオゲル・デュアック配合ゲル・エピデュオゲル(過酸化ベンゾイル製剤)
にきびの原因であるアクネ菌の増殖を抑え毛穴が塞がることを防ぐ製剤です。
アクアチム・ゼビアックス(キノロン系外用抗菌薬)
にきびの原因となるアクネ菌への抗菌作用によりにきびを治療するお薬です。

にきびの予防

にきびを予防するには、日常の生活において注意すること、内臓の状態や精神状態を改善することがとても大切です。

適度なスキンケアをする
肌を清潔にすることが大切ですので、しっかり洗うことが大切です。顔であれば1日2回程度、洗顔料を使用して顔を洗うようにしてください。また肌が乾燥すると悪化の原因となるので、乾燥しやすい方は保湿をするようにしてください。
睡眠を十分にとる
皮膚の回復を促す成長ホルモンが分泌されるので寝不足を避けしっかりと寝るようにしてください。
肌の乾燥を避ける
肌が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下するので、加湿を心がけ乾燥を避けるようにしてください。
バランスが良い食事を心がける
規則正しく栄養バランスの良い食事を心がけるようにしてください。皮脂の分泌を適正にコントロールするビタミンB2を含む食品を接種することもおすすめです。(ビタミンB2はレバー・卵・牛乳・乳製品に多く含まれています)
甘い物や脂っこいものなどは控える
甘い物や脂っこいものなどは控えてください。