漢方について

漢方について

漢方医学と漢方薬

「漢方医学」は、7世紀頃中国大陸との交流から「中国医学」が伝わったのを発祥とする、「日本の医学」です。 また、その「漢方医学」は、もとは「方技」と呼ばれていました。その「方技」を明治時代以降は「漢方」と呼ぶことが定着していきます。 「漢方薬」は、日本の医学である漢方医学を用いて診断・処方された「医薬品」です。 皆さんのご先祖さまも、江戸時代までは漢方薬を飲んで、治療されていたことでしょう。

西洋医学との違い

西洋医学との違い

現代の診療は、専門的に漢方医学を使用している医師以外、診断~処方まで全て西洋医学と化学薬品で行われます。
例えば患者Aさんが、西洋医学のデータに基いて、過敏性腸症候群と診断された場合、過敏性腸症候群の病名をもとに、化学薬品が処方されます。


それに対して漢方医学では、Aさんが過敏性腸症候群かどうかは関係無く、Aさん自身がどのような症状を訴えているかで、漢方薬を処方します。漢方医学的診断のもと、過敏性腸症候群やその他の各種東洋医学に基づいた所見等を参考にして、Aさんの為の漢方薬が選択されるのです。
ですから、当院の漢方医学による治療は、アトピー性皮膚炎でも、ニキビでも、月経痛でも、不妊症でも、腰痛でも、関節痛でも、喘息でも、頭痛でも、乗り物酔いでも、むくみでも、冷え性でも病名・症状名は関係無く、あなたに合った処方を選択致します。 仮に、アトピー性皮膚炎でいらしゃった方でも、アトピー性皮膚炎の処方をするのではなく、「あなたに合った漢方薬」を処方します。

「望聞問切」の東洋医学の診察方法は、診て・聞いて・問いて・触れるというものからなります。当院では、約200項目の問診票と照らし合わせながら、一人一人の為の「オーダーメイド処方」を決定する為、少しだけ診断に時間もかかります。その分しっかりと皆さん身体に合った処方を選択致します。ですから、パソコンの画面を見ながら診察し、患者さんの方へ視線も送らない診察は絶対にしません。患者さんを「診ずして」処方する事は、ありえないのです。

一人ひとりに合わせたオーダーメイド治療

オーダーメイド治療

数多ある漢方薬を正しい診断の下、選択する事で、副作用の発現を予防し、症状改善の向上に繋がります。数週間同じ処方を服用し、全く症状が変わらないという場合は、その方の病状に合っていない可能性が高いという判断にもなりますので、注意が必要です。

その様な場合はぜひ一度当院にご相談ください。
当院では、患者さん1人1人の漢方医学的病態に合わせて、適切な漢方の診断方法によって、オーダーメイド治療を提供できるよう、日々漢方医学の研鑽を行っております。

皮膚の症状以外にもお気軽にご相談ください。 また、乳児~成人~高齢者まで、幅広く受診頂けます。
疲労感やちょっとした不調など、身体のメンテナンスと考えて頂き、受診ください。 必要に応じて西洋薬も処方し、1人1人に最良な治療を選択致します。
西洋医学的治療の対象とならない虚弱体質・冷え症・疲労感から、月経痛・月経異常などの婦人科疾患、花粉症・めまい感などの耳鼻咽喉科疾患、食欲不振・便秘・下痢などの消化器疾患、頭痛・関節痛など整形外科領域を含む各種疼痛疾患、副作用症状を起こしやすい、ステロイドや抗がん剤などの副作用軽減等、その他お困りの症状があればご相談ください。

  • 西洋医学的に医師の診断と治療を受けたが、症状は残っている
    →各種疾患等
  • 西洋医学的治療だけでは効果不十分な疾患の方
    →過敏性腸症候群・花粉症等
  • 西洋医学的には診断は付かないが、不調がある方
    →むくみ・冷え・疲労感等
  • 西洋薬の副作用により、西洋医学的治療を満足に継続できない方
  • 各所の臓器や器官に症状があり、不調な部分が多岐に渡る方
  • 西洋医学的治療に東洋医学的治療を加えて治療していきたい方

こんな症状があればご相談ください

こんな症状はありませんか?

例えば、以下のような症状があればご相談ください

全身症状
未病(病気で通院するほどでもない、体調不良)、疲労感、全身倦怠感、脱力感、無気力、免疫力低下、むくみ(各種浮腫)、アレルギー体質、冷え症、夏ばて、各種がん化学療法の副作用
皮膚科領域
湿疹、皮膚乾燥、蕁麻疹、かゆみ、にきび(尋常性痤瘡)、しもやけ・あかぎれ、、脂漏性皮膚炎、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、肌荒れ、酒皶、 赤ら顔、脱毛症、肝斑、白斑、色素沈着、しみ、くすみ、顔面紅潮、多汗症、爪に線が入る、爪が割れやすい、化粧品にかぶれやすい
婦人科系領域
月経異常、月経不順、生理痛、無月経、無排卵、子宮内膜症、子宮筋腫、更年期障害、乳腺炎、貧血、不正出血、不妊(男性不妊も)、つわり
内科系領域
便秘、下痢、食欲不振、げっぷ、しゃっくり、逆流性食道炎、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、痔、腹部膨満感、胃痛、胃炎、消化不良、 胸やけ、吐き気、嘔吐、腹痛、冷えのぼせ(ホットフラッシュなど)、肥満症、頭痛、高血圧に伴う諸症状、糖尿病に伴う諸症状、不眠、動悸
耳鼻咽喉科系領域
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、耳鳴り、難聴、めまい、咳、喘息、アレルギー性鼻炎(花粉症)、喉のつまり感(梅核気)、副鼻腔炎、後鼻漏、 口渇(ドライマウス)、蓄膿症、扁桃腺炎、咽頭痛、口内炎
整形外科領域
腰痛、膝などの関節痛、肩こり、神経痛、しびれ、こむら返り(日中や夜間足がつりやすい方)、リウマチ、四十肩、五十肩、肋間神経痛
泌尿器科領域
頻尿、夜間頻尿、膀胱炎、前立腺炎、尿道炎、尿漏れ、残尿感、性欲減退、尿量の異常、乏尿
小児科領域
虚弱体質、おねしょ・夜尿症、おむつかぶれ、疳の虫、夜泣き
眼科領域
ドライアイ、緑内障、眼精疲労、眼痛、結膜炎