医療レーザー治療とは?

レーザーの持つ特性を生かした、薬剤によらないピーリングです。
2種類のレーザーを使用し、コンビネーション治療を行います。
小じわ、くすみ、しみ、毛穴の開き、毛細血管の拡張など、複数の肌の悩みを軽減するスキン・レジュビネーション(皮膚の若返り)です。
同時にうぶ毛が生えにくくなり、かみそりやシェーバーによる肌へのダメージが軽減されます。フォトフェイシャルのワンランク上の若返りとご理解ください。
医療レーザー治療は(医師が行う)医療行為のため、医療機関のみが施術可能な治療法です。 そのため、エステなどでは受けることは出来ません。
専門の医師が診察を行い、一人一人の肌の状態にあわせてこそ安全で効果のある治療法です。 常に医師のいる医療機関で治療をお受けください。

医療レーザー治療の効果

レーザー治療はメスを使って皮膚をきったりする手術とは違い、出血もなく痛みも ほとんどない安全な治療法ですから、どんな年代の方でもご希望があれば治療することが可能です。 治療法によって効果は異なりますが、美肌効果、メラニン色素を破壊する効果、しわとり効果、アザの色を薄くする効果など、完全にとってしまう魔法のような わけにはいきませんが、今まで抱えていた不安や不満が少しでも解決できて楽しい毎日が送れるようになったら、治療を試みてよかったと少なからず思っていた だけるのではないかと案じております。

シミのレーザー治療 デコルテ部分 施術前後の写真 * シミのレーザー治療 目元部分 施術前後の写真
デコルテ部分のシミ治療   目元のシミの治療

いがらし皮ふ科で行っているレーザー治療

この治療法(医療レーザー)が効果的な症状
詳細
当院では、シミなどの色素沈着に対しては「ロングパルスアレキサンドライトレーザー」(キャンデラ社 GentleLASE)、赤アザ、血管腫、赤ら顔、ニキビ、ニキビ跡には「ダイレーザー」(キャンデラ社 Vbeam)で治療を行います。
GentleLASEは皮膚のメラニンに選択的に吸収されやすい波長のレーザーを照射します。また、これまでのレーザーよりレーザー光の立ち上がりがゆるやかなので過剰なメラニン色素を効果的に安全に除去できます。
Vbeamはパルス幅をかえることにより、様々な赤色の皮膚疾患、美肌に応用できるようになりました。
レーザーとは異なる人口光の治療
クリアライト
●キセノン
フォトフェイシャル
当院で使用している医療レーザー
ダイレーザー「Vbeam(Vビーム)」 詳細を見る
VbeamはSkin Rejuvenation Conferenceでも、しわ、血管病変(にきび跡など赤い色の皮膚トラブル)、しみに効くという高い評価を得ました。赤ら顔を直すために始めた Vbeam照射が肌のはりを良くしてくれるという嬉しい結果を当院でも多くの患者様から聞いています。

ダイレーザー「Vbeam(Vビーム)」の効果
赤ら顔の改善
赤ら顔は皮下にある毛細血管が拡張し、肌表面から赤みとして見える状態。Vbeamはヘモグロビンの赤い色によく反応する。
効果はかなり確実
しわ、たるみの改善
原理はコラーゲンの再生。赤血球が壊れる⇒血管の壁が壊れる⇒血管の周囲の組織に熱が伝わる⇒真皮の線維芽細胞が活性化しコラーゲンが増製される
その他
コラーゲンの減少による毛穴のたるみが改善される
にきび、にきび跡の改善
 
ダイレーザー「Vbeam(Vビーム)」の特徴
冷却ガスを吹き付けて、レーザーを照射するので表皮に余分なダメージが加わりにくい。
1回の治療時間は20分程度と短時間
ダウンタイム(治療による治癒過程が目立つため人前に出られない期間)が短い(多くの場合はほとんどない)

アレキサンドライトレーザー「GentleLASE(ジェントルレーズ)」 詳細を見る
アレキサンドライトレーザー「GentleLASE(ジェントルレーズ)」の効果
肌の活性化
ピーリング効果により表皮基底層での細胞の新生が早まります。
その他
メラニンの破壊を得意とするレーザーなので、シミやくすみの改善に有効。
うぶ毛の脱毛

いがらし皮膚科で行う医療レーザー治療の流れ

 
肌の悩みを伺ったうえで、医療レーザーが最適と判断された方、ご自身で医療レーザーを希望されて来院された方を対象に施術させていただきます。(肌質や、シミの種類などにより、お受けできない場合があります。ご了承下さい。)
目立つイボをなんとかしたい
しみ、そばかすが気になる
赤ら顔、赤鼻で悩んでいる
黒いアザ、青いアザ、広範囲のアザ
シワやニキビ跡が気になる
タイトル step1
まずはお電話。>>ご予約についての詳細はこちら
タイトル step2
安心して治療が受けられるように、専門医、スタッフによる丁寧なカウンセリングを行います。
タイトル step3
治療内容を充分に納得したうえで、短期間で効果的な治療が受けられます。
治療計画例
1.ジェントルレーズ3回、Vbeam3回を3~4週間毎に交互に照射する
2.ジェントルレーズ、Vbeamを同日に連続して照射する。3~4週間毎に3回行う
3.治療回数に制限はない。治療終了後も美肌の維持のため、いつでも追加照射ができる
レーザー終了後は、クーリング剤をお渡ししますのでヒリヒリ感が収まるまで冷やしてください。(冷やしすぎないようにご注意ください。)
治療後は紫外線の影響を最小限にするよう、日焼け止めを塗ることをおすすめします。
禁煙を心がけてください。肌の代謝が全く変わってきます。1~2ヶ月は経過を見させていただき、その後再度治療を受けていただく場合もあります。(数回の治療を要することがあります。)
レーザー照射による副反応で一番多いのは、深いかさぶたができることです。
この場合はかさぶたが取れた後、一時的に色が濃くなります。
但し、レーザー照射による炎症後色素沈着は徐々に薄くなります。
レーザー治療後は肌が乾燥しやすくなります。保湿をたっぷり行ってください。当院ではビタミンを含んだ保湿剤をお勧めしています。
シミのレーザー治療の後は、ハイドロキノンを併用すると相乗効果が期待できます。
 

医療レーザー治療を受ける際の注意事項

光老化(紫外線、活性酸素による老化)を予防するために、ビタミン導入やホームケアを併用をお勧めします。
ジェントルは一時的にかさぶたになる、ピンク色になる、Vbeamは一時的に紫斑ができるなどはそれぞれのレーザーと同じ副反応が出る可能性があります。

料金表

ジェントルピール(GentleLASE)
約1 cm2 5,250円より(税込み)
Vbeam(Vビーム)
顔全体 31,500円(税込み)
 
両頬のみ 15,750円(税込み)